車査定における注意点と忘れ物

車査定における注意点と忘れ物

車査定における注意点と忘れ物

車の買取手続きを行う際には、当然ですが引き渡しが発生する事になります。そして引き渡し時には、ちょっと注意した方が良い点もあります。
車の中における忘れ物ですね。その忘れ物が戻ってこない可能性もありますので、引き渡しをする前に必ず車の中は確認をしておくべきでしょう。

 

車査定前に忘れ物をチェックする

 

ある車の査定士の方が、ちょっと興味深いことをおしゃっていました。車を引き渡している売り手の方々は、意外と忘れ物をしている事が多いのだそうです。
では具体的にはどのような忘れ物が多いかと申しますと、何と現金なのだそうです。つまり査定が完了した車のシートの下の部分などに、なぜか1万円札が入っている事があるのだそうです。
しかもそのような忘れ物は、とにかく数が多いそうですね。何も1万円札に限らず、他の物品の忘れ物が残っているケースもあります。金券やアクセサリーなどが、その車の中に忘れられている可能性もゼロではありませんね。しかしそれ以上に、現金の忘れ物が多いとある査定士の方が話していました。なかなか興味深い話ですね。
では一体どのようなタイミングでその忘れ物が見つかるかと申しますと、一番多いのがオークションの会場だそうです。車の買取店は、もちろん来店客から買い取った車をオークションなどに転売しているのですが、そこでの落札手続きが完了した時に現金が見つかるケースが多々あるそうです。オークションの会場で1万円札が見つかる事例は、数限りなくあるようですね。
そして上記の査定士の方のエピソードでちょっと興味深いのが、日記の忘れ物です。ある車の売り手の方が日記を車の中に忘れてしまっていた訳ですが、その内容が相当過激だったようですね。余りにも赤裸々の部分が日記に多く書かれていたので、思わずその査定士の方は読み耽ってしまったようです。
そして車の売り手としては、やはり忘れ物には気をつけるべきでしょう。親切な車買取の業者であれば、オークションの会場で1万円札が見つかっても、車の売り手にはそれを返してくれるかもしれません。しかし親切でない業者の場合は、それを着服してしまうかもしれませんね。
それと上記のような日記の忘れ物も、やはり気をつけた方が良いでしょう。自分のプライバシーが業者に漏れてしまう可能性があるのですが、それもあまり嬉しくないと思います。
ですので車の査定を依頼する前に、忘れ物チェックは欠かさないようにするべきですね。とにかく査定の手続きでは金額に目が行きがちなので、それに夢中になる余りに何かを忘れないように気をつけたいものです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ